メンタル

土日はやっぱりしんどい

12月も一週間終わりました

いよいよ年末ですね。

11月末にぶっ倒れてから、色んな人から心配のお言葉を頂いております。

お仕事の話

ぶっ倒れる前と変わらず、今まで通りのお仕事をさせてもらっています。

理由は、新しいことを覚えるのが今の自分にとってしんどいこと、今までのお仕事でそれなりに評価されているのであえて変える必要は無いのではないか、というところです。

自分でも、職場に出勤さえすればもう頭が仕事モードになってしまって、(自己評価だと)テキパキ仕事はできているように感じます。

周りの人に心配されたくない、という意地と、か、一回仕事モードに入ってしまえばもう鬱になっている余裕なんて無い、なんてところから頑張れているのでしょうね。

プライベートの話

仕事中はその無駄なプライドでどうにかなったとしても(そもそも自分の不調に気づいていなかったりもする)、業後と土日は超ぐうたら生活を送っています。つきあいの飲み会に行くのがしんどい…、通院の予定を土曜日に入れたとしても布団から出られない…

典型的な自己否定から抜け出せずに、一歩も動けなくなってしまいます。

自分の将来のためにやりたいこともそこそこあって、手を動かせば不安は解決するのに。

なんで動けないのか。なんでこんなにも甘えてしまうのか。

なんで自己制御が効かないのか。なんで自己否定と希死念慮の考えから一歩も動けなくなってしまうのか。

そんなことを身の回りの人に相談してみました。

土日になると死にたくなります、なんてことを精神科の先生にうっかり漏らしたら一発アウトです。

一般的に、精神的な障害の重症度基準って、「①仕事に行けているか<②日常生活が送れているか」といったように、

仕事に行けていればその人はそこまで酷くないでしょう。という基準がされてしまうんですね。

実際、私の場合、仕事には行けています。でも日常生活はボロカスです。(部屋の片付けができない、薬の管理ができない、自分を大事にしようとしない…等)

なんてことを、赤裸々に話してみました。

結論、「とりあえず出勤しろ。」と。んで、常に仕事モードのテンションで保っていたほうが楽になるのであれば、勉強しなさい。と。なんでも良いから。

この言葉を言われて大分楽になりました。

土日とか、日常生活に限って言えばボロカスです。でも、常に仕事モードならば。

まともな生活が送れるのではないか。

まぁ、やりすぎには注意しろと言われましたが。笑

今の落ち込んでいる状況に対して、「なんでなんで?」って考えても、理由は分からない。だって鬱なんだもん。

だとしたら、未来の自分がどうありたいかについて考えていくのもありなんじゃないかな、と思いました。

自分がなりたいもの

①「冷静な広い視野をもった人間になりたい」

②「どこへ行っても生きていけるような人間になりたい」

③「自分も人も許せるような人間になりたい」

この3つですね。

まだまだ今の自分からは遠いけれど、少しでも前向きに。

「今できないことは何か、何故できないか」よりも「こうなりたい、近づくためにはどうするか」という考え方でやっていけたら良いなぁ、と本当に思います。

そしてまた仕事の話

実際問題、有給休暇が足りていないのです。

休職は1回使ってしまったのでダメ、また、今の職場で働けなくなったときのこともちょっと考えつつ、これからの人生どう生きていくかーについても考えなけばいけないというのもなんとなく分かっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
0

コメントを残す