休職と職場復帰

ある日突然の鬱戻り

突然の自殺未遂

ブログの最初の記事がめちゃくちゃ重い話でどうかと思うんですけどね、直近あったことを書かせてもらおうと思います。

10月15日くらいだったかな、その辺りに突然「あ、死のう」と思い立ちました。土、日、月(月曜は予定休)と動く気力もなく、ひたすらぐだぐだ過ごしていた矢先のことでした。

なんで死にたくなったのかも分からない、なんだかもう死ぬこと以外に頭が回らなくなってしまった。

今思うと完全にうつ状態の思考に陥っていますね。とりあえずその日は精神科でもらっていた薬をがーっと飲んで寝ました。

仕事もなかなかタスクが溜まってはいたけれど、無理だこれ、と翌日16日も有給いただきました。

そしてまた仕事

15日(予定休だった)、16日とお休みを頂いたあと、やはり、予想していたことだったがなかなか仕事が忙しい…。休んでいた間に進んでいた仕事に追い付かなければいけない、なのに新しく考えなければいけないことはどんどん増えていく…。

そして何故か食べる気力が無い。コーヒーと煙草しか体が受け付けない。食べたら吐きそうになる。体も頭も疲れているはずなのに、眠れない…。むしろ仕事だけで一日が終わってしまうのが嫌で、眠りたくない。

気合で早朝勤務したり、残業もしたりしていたけれど、19日金曜日、頭が回らなくなりました。仕事でトラブルが発生しているのに、その危機感が完全にわかず、頭が考えることを放棄している状況に。

これはまずい、と思ってその日は残業せずにすぐに帰りました。

土日でリフレッシュしよう、と思っていたが甘かった…

頭も体も疲れているんだ。睡眠が必要だ。と思い、20日、21日の土日はひたすら眠り続けました。

この時思えば、寝ることはリフレッシュになっておらず、悪魔の月曜日へのカウントダウンを進めていくだけでした。家事していない、部屋が汚い、洗濯物も洗えていない、服もごちゃごちゃ…という状態のまま21日日曜日の夜へ。

当然のことながら眠れません。土日に延々と寝続けたのだから、当たり前と言えば当たり前ですね。

うつ状態の思考のまま、さぁまた思ってしまいました。もう死んでしまえば何もしなくていい。明日の出勤について考えなくてもいいし、部屋も片付けなくていいし、ぜんぶ、全部逃げ出してしまえ。と。

ここでやらかしました。突然の自殺未遂2度目。病院からもらった精神安定剤の類をがーっと飲みました。

後々から冷静になって考えればこんなくらいで死ねるわけが無いんです。ただひたすら何も考えずに逃げようとしていたんです。

そして緊急搬送

翌日22日月曜日。連絡もせず出勤しなかったことを不審に思った会社の人が自宅まで来てくださいました。そのまま緊急搬送。

薬飲んでから時間が経っていたので胃洗浄の処置もなく、点滴打ってそのまま薬が切れるまで寝続け、血液検査の結果がOKだったということで23日火曜日に退院。

また死ねなかった…という絶望感もあったり、これからどうするか全く考えたくないな…という思いもあったり。複雑な心情でしたが、もう何も考えたくないとの気持ちが勝っていました。

いつものメンタルクリニックへ

23日火曜日、元々いつものメンタルクリニックの予約を取っていたので通院。緊急搬送された先からの紹介状を渡しました。ついでに診断書を取ってこいという上司からの命も受けてます。今の現状と、今後の見込みが記載されたもの。自分がこれからどうしたいかも分からない(死にたい、か、もう何も考えたくない状態)なのでこの診断書を書くための情報を医師に伝えるのも厳しい…

ということを医師の先生に伝えたところ、

  • 患者本人の意思に反した診断書は出せない
  • この状況で今すぐ復職可能との診断書をだしても主治医としての会社からの信用はなくなる
  • 11月末まで休職するのがとりあえず無難

とのコメントをいただきました。

うん、今の自分にとって、急に死にたいと思わない自信はない、このまますぐに働けるかという自信もない。

だがしかし。休職の選択肢は選べなかったんです。

今年3月くらいにも抑うつ状態で休職をやっていまして、同じ理由で休職をしてしまうと解雇理由になってしまう。もし解雇になったら、履歴書を書いて転職活動をして…。とても今の自分にはそんな気力はないな、と思いました。

回らない頭で「10月末までは休んで、休んでいる間に考えたいです」というお話をしました。医師の先生には、その内容で診断書を頂きました。

お薬は大量摂取の危険性があるから、と、最低限の眠剤2種類のみ。まぁ当然そうなりますよね。入院の話が出なかっただけありがたかった。

その日は最低限の報告だけ職場に入れ、帰宅。

10月末まで、何もない日々。長いようで短い休みで、この先どうしよう…を考えないように必死でした。

逃げただけなのにこれから先のことが考えられない状態について

これは持論なのですが、

自分でも逃げたい、何も考えたくないってなっている状態のときにこれからのことを考えようとするなんて、無理なことだと私は思います。

うつ状態の時って、頭の回転が落ちているんですかね…、

何を考えようとしても最悪のシナリオしか浮かんでこない。

他にもこうした方が良い、ああした方が良いなんて考え方が浮かんできても、考えている視野が狭いからか、悪い方向の考えしか浮かばないのです。

好きなだけ寝て、やりたくなったらやることやって。それが一番の休息の方法だと思います。よ。
また頑張れる時期になったら頑張れるのだから。そんな自分は、まだ信じても良いんじゃないのかなぁ、と。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
0

コメントを残す